毛穴のたるみ改善

年齢と共に気になる毛穴の原因は

毛穴がたるみ毛穴になる原因

年齢と共に毛穴の目立ちが気になるようになってきます。特に35歳を過ぎた女性に多い毛穴の悩みが、たるみ毛穴です。
たるみ毛穴というのは、加齢や水分不足から肌全体がたるんでいることが原因で、たるんだ肌に引っ張られて毛穴が縦長に伸びて開いた状態のことを言います。

小鼻から頬に楕円形で縦長の毛穴がある、髪の毛を束ねると毛穴が目立たなくなる、角質ケアをしても毛穴が開き目立ったままということはないでしょうか。こういった症状が見られるのがたるみ毛穴です。
たるんだ毛穴におすすめのアンチエイジング化粧品の情報サイト。

<たるみ毛穴の原因は?>

たるみ毛穴の大きな原因は、加齢による肌のコラーゲン不足です。
皮膚というのは外側から表皮、真皮、皮下組織と順に重なっています。その中でも真皮層は皮膚を支えている大切な部分で、主な成分はコラーゲンやエラスチンのような繊維状のタンパク質と、ゼリー状のヒアルロン酸です。

これらの成分が肌を作っているのですが、加齢によって少しずつ減少していってしまいます。そうすると水分で満たされていたはずの肌の土台が緩んでしまい、表皮には肌のたるみとなって現れます。皮膚がたるむことで、毛穴も一緒に引っ張られて歪んで開いてしまうのです。

このたるみ毛穴が進行していくと、たるみ毛穴が連結してシワを作り出してしまいます。主に小鼻の脇から頬にかけた部分に現れ、帯状毛穴と呼ばれています。
この状態では肌がたるんでいるだけではなく、乾燥や皮膚の代謝機能の低下も起こっています。

たるみ毛穴の予防や改善には、毛穴ケアではなく肌のたるみ対策が重要です。何よりも皮膚を支える真皮部分に潤いを補うことが大切です。
化粧品での保湿ケアに加えて、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の原料となるアミノ酸や抗酸化力のあるビタミンを食事で補うことで肌のコラーゲンの生成を助けることが必要になってきます。

Copyright © 年齢と共に気になる毛穴の原因は. All rights reserved.